子供が宗教に入信!私の位牌はどうなるの?

2015/06/14

自分が死んだら…、と考えた時に何が思い浮かびますか?

相続、お墓、葬儀、様々なことがあるでしょう。

遺族にとって最も身近といえる、お仏壇とお位牌はどうでしょうか。

しかも、子どもが自分と違う宗教を選択したとしたら…?

 

そもそも、お位牌とは?

 

お位牌を見たことがない人は少ないでしょう。

身近な方を亡くした方にとっては、故人を偲ぶための大事な物です。

 

ですが、インドが発祥の地である仏教では、もともとお位牌の存在はなかったのだそうです。

仏教が日本に渡ってくると、日本古来の考え方からお仏壇にお位牌をお祀りし、ご先祖の供養を行うという慣習が誕生しました。

お位牌に対する認識は各宗派によって異なりますが、仏式で葬儀を執り行ったのちには、お仏壇とお位牌を用意し、家庭内にご先祖様をお祀りするという供養の方法が一般に定着しています。

 

私のお位牌を祀って欲しい。ところが・・・

 

ある女性が頭を痛めている、お位牌に関する悩みをご紹介しましょう。

この女性は仏式の葬儀と供養を望んでおり、ご自身の亡きあとには、息子さんがご自身のお位牌をお祀りし、供養をしてくれるものであると思っていたのだそうです。

ところがある日、その息子さんが新興宗教に入信し、その宗教に於いてはお位牌を持たず、独自の方法で供養をするという話を聞かされたのだそうです。

ですが、女性は仏式での葬儀を希望しているため、その旨を息子さんに伝えたところ、息子さんはお母様の葬儀を仏式で執り行うことを約束してくれました。

ここでひとつ、大きな問題が生じます。

女性の希望通りに葬儀が執り行われたのちには、やはり女性の希望通り、お仏壇でお位牌をお祀りすることになるのですが・・・。

息子さんは宗教が指定するお仏壇をすでに所持しており、そこへはお母様のお位牌をお祀りすることができないというのです。

このような場合には、いったいどうすればよいのでしょうか?

 

お仏壇を分ける!?その方法とは

 

一家にお仏壇がふたつ存在するということです。宗教が異なるという理由でお位牌を祀ることができないお仏壇なのであれば、もうひとつ別にお仏壇を備えるよりほか、方法はありません。

一家にふたつの仏壇が存在すると、家が滅びるというような話をする方も存在していますが、それは全くの迷信であり根拠のない話です。

問題は、そのあとで息子さんがお母様に対して敬意を捧げ、きちんと供養を行って行くのかどうかというところにあります。

また、ご家族の誰かが新興宗教に入信すると、もとから家に存在していた仏壇を処分しなければならないという話も耳にしますが、そのような必要もありません。

それは宗教団体の都合により囁かれている戯言であると考えて、まず間違いはないでしょう。

つまり、宗教の都合に振り回される必要はないということです。

 

考え方の食い違い。でも・・・

 

その人の思想は、その人にしかわかりません。宗教を信仰するもしないも、すべてその人の思想にかかっています。握手

ですが、ひとつだけ忘れてはならないことがあります。それは、宗教家であろうとなかろうと、ご家族はご家族であり、その絆は一生消えることがないということです。

今回の例であっても、息子さんとお母様の絆が消えてなくなることはあり得ませんし、そこには宗教を超えた愛情が存在しているはずです。

宗教が親子を隔ててしまう垣根となる可能性は否めませんが、お互いの信頼関係が崩れていないのであれば、お互いを尊重し、ベストな方法を見つけ出すことができるのではないでしょうか。

 

この記事を書いたライター

山田 美羽
山田 美羽

命には限りがありますが、最終章を迎えるまでには案外多くの時間が残されているものです。ただなんとなく過ごして最終章を迎えるのか、限りある時間を自分なりにコーディネートして楽しく過ごすのか。終活は2文字で構成されていますが、それが持つ意味はとても深いのではないかと思います。

セラヴィで執筆させて頂くに当たっては、皆様方のこれからの人生がより楽しく塗り替えられることを願い、有益な情報を発信し続けて行こうと考えております。