【はじめての介護】訪問介護のサービスあれこれ

2015/06/14

訪問介護は自宅で介護をする人・される人の強い味方です!

「住みなれた家で暮らしつづけたい」と誰しも思います。それは介護が必要となった人も例外ではありません。しかし、介護を自宅で続けるには、それぞれの家庭で様々な苦労が生じます。また、要介護の方の1人暮らしは生活上の困難や不安があることでしょう。そんな時、強い味方になってくれるのが「訪問介護」です。

訪問介護では、ホームヘルパーが自宅を訪れ介護を必要とされる方の日常生活をサポートします。介護保険で利用可能なサービスは、介護を受ける方の「身体介護」と「生活援助」です。まずはどんな内容か見てみましょう。

 

 

m016-0201.   身体介護の内容 

利用する本人が、生活に必要な動作が自力で出来ず介助を必要とする場合に介護保険で受けられます。具体的には…

□トイレ利用の介助、おむつの交換

□洗面・身体の清拭・入浴などの介助

□食事の介助

□起床・就寝・体位変換の介助

□着替えや身だしなみの介助

□服薬の介助

□外出・買い物の介助

など

*通院や介護施設の見学、生活必需品の買い物などに適用されます。
日常生活の範囲を超えた外出や買い物には適用されません。

介護で最も大変な入浴や排せつの介助が受けられます。非常にデリケートな内容を含みますが、ホームヘルパーは資格を持ち研修を受けたその道のプロです。ケアマネージャーや介護事業者とケアプランを作っていくことができますので、不安なことは相談しましょう。

 

2.   生活援助の内容

介護保険を利用できる本人が、1人暮らしの場合、または同居する家族がいても病気などで家事が不可能な場合に受けることができます。具体的には、利用者本人の居室の掃除、洗濯、調理など。また薬の受け取りや日常生活の買い物などにも利用できます。

あくまでも要介護認定を受けた利用者本人のためのもので、その家族の掃除や洗濯をするものではありません。また、日常生活を送る上で必須なことがらをサポートするものですので、ペットの世話などは含まれません。

気持ちよく援助を受けるためにも、どこまでが生活援助の範囲なのかあらかじめ確認することが大切ですね。

 

3.   訪問介護を受けるには

①    要介護認定を受け、介護保険が利用できるようにします。

②    「居宅介護支援事業所」にコンタクトをとりケアマネージャーを選びます。

③    ケアマネージャーが利用者本人または家族の要望を受けてケアプランを作成します。

④    居宅介護支援事業所と契約し、訪問介護がスタート

 

介護保険は基本的に利用者の負担は1割で、残り9割は保険からの支給となりますが、要介護度に応じて支給の限度額が決められています。上限を超える場合は全額自己負担になりますので、

・困っていること

・必要とするサポート

・1週間のうち来てもらいたい回数

・来てもらいたい時間帯

などを明確にしてからケアマネージャーと話し合うとスムーズにいくと思います。
必要なサポートはためらわず受けて、できるだけ無理のない介護を続けていきましょう。

この記事を書いたライター

本間 純子
本間 純子

「色々なことがあったけれど、悪くない人生だった」と要介護の父、持病がある母に思ってもらえれば。そう願って、時には激烈なケンカをしながら一緒に暮らしています。
老いや病気はきれいごとでは済まないこともありますよね。それでも前に進んでいかなければなりません。人生の先輩方や支える家族の方々が、できるだけ元気で楽に暮らせるような情報をお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いします。