訪問介護にかかる費用相場はどのくらい?

2015/06/14

あなたの大切な人を介護する場合、自身だけの力では疲れてしまうことがあります。そんな時にお願いするのが訪問介護です。
訪問介護をお願いしようと思うにも、介護事業所は無数に存在していて、システムや利用料金も各事業所によって異なります。roujin_food_man

そうなると、訪問介護の費用相場が知りたいところです。

しかし、訪問介護は非介護者の状態や必要な介護の内容によって変わっていくので、一概にこれが相場であると言えないのが現状です。あくまで、ここで紹介する料金相場は目安として受け止めてください。

 

1.要支援の場合

訪問介護は、要支援1と2の人が対象の介護サービスです。要支援のランクによって料金も変わってくるので、こちらも抑えておきたい点です。

要支援1と2の介護料金は、
週1回の利用が約「12,000円」程度で、自己負担額は「1,200円」
週2回の場合は約「24,500円」、自己負担額は「2,450円」
週3回の利用で「38,000円」、自己負担額は「3,800円」
との料金が相場になっています。

この基本費用は生活補助と身体介助の区別はありません。また週3回訪問をお願いできるのは要支援2の方のみです。

 

2.要介護の場合

要介護は介護保険制度において、寝たきりや痴呆の影響で常に介護が必要な状態のことをいいます。

要介護の場合の料金相場は、
20~45分で約「2,000円」、自己負担額は約「200円」
45分以上の介護は約「2,400円」、自己負担額は約「240円」
とされています。
また、早朝や夜間は要支援と同様、料金が割増になることが多いです。

 

3.身体介護の料金相場

身体介護とは、被介護者の入浴や排泄、食事の調理など身の回りのお世話をする介護のことをいいます。

身体介護の料金相場は、お願いする時間によって区分されています。

目安としては、
20分約「1,700円」、自己負担額は約「170円」
20~30分で約「2,550円」、自己負担額は「255円」
30~60分だと約「4,000円」、自己負担額は「400円」
60~90分で約「6,000円」自己負担額は約「600円」
それ以降は30分ごとに約「830円」、自己負担額約「83円」
となっています。

また、早朝や夜間の料金も割増のケースが多いです。

 

必要な介護を見合った料金でお願いすること

冒頭に述べたとおり、訪問介護の費用相場は非介護者の状態や、必要な介護内容によって大きく変わることがあるため、金額が合っていなかったからといって、妥当ではないと判断することは難しいといえます。

訪問介護を希望する場合に最も大切な点は、被介護者が快適に介護を受けられる事業所を探し、介護内容に見合った料金設定であるかということを、事前に調べることであるといえます。