虐待の温床? 無届介護ハウスとは

2015/06/14

2015年早々、衝撃的なニュースを耳にしました。無届け介護ハウス問題です。

本来、有料老人ホームとは、高齢者を入居させ、「入浴、排せつ又は食事の介護」、「食事の提供」、「洗濯、掃除等の家事」又は「健康管理」といった様々なサービスの一つまたは複数を提供する施設のことです。開設時には行政への届出も法律で義務付けられています。そういった行政の要求水準を満たすためにそれなりのコストがかかり、それが利用料金に反映されるため、より安価に利用できる公的な介護施設である特別養護老人ホームに人気が集まります。しかし、現状の日本では安価に利用できる特養はその人気に十分に応えるほどには収容力や数が足りません。なかなか利用できないのが現実。その中で起こったのが無届け介護ハウスの問題なのです。

 

■1 なぜ増える無届け介護ハウス

無届け介護ハウス問題を大きく取り上げたのは、NHKのクローズアップ現代でした。それによると2014年10月時点で確認されているだけで、国内に911か所。前年比の2.3倍だといわれています。9b946db3ff8aeff0354b5e310af89187_s

急増の原因は、もちろん安価な自己負担で利用できる公的な介護施設の数に対しそれを利用したいとする人がはるかに多いことです。そのような施設の代表例が特別養護老人ホーム、いわゆる特養です。特養に入るために順番待ち、ということも珍しくないんです。地域によってだいぶ異なりますが、場所によっては300人、400人はあたりまえ。中には1,000人以上も待ちの高齢者がいるという施設まであるといいます。そのような状況の中で登場したのが無届け介護ハウスなんです。

 

 

■2 高齢者の弱みに付け込む無届け介護ハウス

無届け介護ハウスの特徴として、有料老人ホームのような正規の介護施設より低料金というのがあります。行政から求められる基準に満たないレベルの施設や運営であるために低コスト構造となっていることがそのからくりです。無届けですから行政のチェックの目も届きにくく、心身の機能低下で自ら訴え出ることができない高齢者を狙って劣悪な環境が放置されている可能性があるのです。

中には生活保護を受けている高齢者を優先的に入居させている施設もあります。なぜ、所得の低い高齢者を狙うのか。疑問に思われる方もいると思いますが、料金を確実に取れるからです。有料老人ホームに入居する場合、年金や介護保険などを施設が管理し、それを料金の一部にあてるのが一般的です。詰め込めば詰め込むほど収入が上がる。それが無届け介護ハウスの実態なのです。

 

 

■3 無届け介護ハウスの実態

無届け介護ハウスの実態はNHKのクローズアップ現代をはじめニュースや記事でも取り上げられています。

狭い部屋に何人も押し込めたり、認知症の患者を拘束具で縛り付けたり、お風呂に入れなかったりと、目を覆いたくなるようなものばかりです。それ以外にも、利益をあげるために食費を切り詰めたりすることもあるそうです。資格をもった介護士が少ないというのも多く、こういった問題点が重なり虐待につながっているのです。

安物買いの銭失いどころでは済みません。命まで失いかねないのが無届け介護ハウスなのです。

 

■4 無届け介護ハウスの見分け方

一口に有料老人ホームといってもたくさんの形態があり、種類ごとに呼び名があります。その中には届出等、正式な手続きを踏んだ施設と間違われやすい名称をあえて付けているものがあります。その代表が「介護付老人ホーム」「高齢者向け賃貸住宅」「グループハウス」の3つです。

まず「介護付老人ホーム」ですが、認可を受けているものは「介護付き有料老人ホーム」と表示されます。有料のあるなしで大きな違いです。

次に「高齢者向け賃貸住宅」です。適切な手続きを経ている施設は「サービス付き高齢者向け住宅」というもので、まだまだ自立した生活ができる高齢者が介護サービスを受けながら生活する住宅タイプの施設で、介護士が常駐しているところもたくさんあります。これに対し、「高齢者向け賃貸住宅」とは、高齢者だけを入居させる賃貸住宅につけた名称かもしれません。きちんと見極めることが大切です。

そして「グループハウス」は「グループホーム」と混同しやすい施設です。本来、グループホームというのは、認知症の専門的な知識をもったスタッフが入居者と共同生活のスタイルを取りながらケアをする施設のことです。が、グループハウスの場合、専門スタッフがいない可能性が大です。

全ての無届け介護ハウスが虐待の温床ではないのかもしれません。しかし、その懸念が払しょくできない現状では、施設の実態を把握する目を養うことが必要なのではないでしょうか。

 

 

【参考記事】
NHKクローズアップ現代「“無届け介護ハウス”急増の背景に何が」
介護のほんねニュース「無届け介護ハウスかどうか見分けるには?」
ダイアモンドオンライン「低所得の高齢者を狙う貧困ビジネス 無届け老人ホームの闇」