同居希望、年で不安です。介護は嫁にお願いしたいんです

2015/06/14

「一人息子なんです!嫁に入った以上、いずれ同居し介護をするのは当然です!」
「長男の嫁は、同居して仕事をやめて家事介護を!」
というような話は昔からよく聞かれてきたかと思います。

昔は男性が働き、女性が家を守り子供を産み育てるものでした。
子供も沢山いたため、育児も含めて夫婦が役割分業できていたのが昔の話です。

ましてや、『跡継ぎ』たる『長男の嫁』というのは親や祖父母と同じ土地や家に住み、家や土地、親や墓を引き継ぐ大事な役目でした。

では、今はどうでしょう?

「○○さんの妻となっても、××家の嫁になった覚えはない」
そんな事を言うと、

「嫁の立場でそんな生意気を!?」
と怒る方はいるかと思います。

でも、価値観というのは時とともにうつろうものなのです。人の意識も変遷しつつあります。

家には家電があり、仕事では女性でも重宝される。
子供も少なく、地方から都会へ子供が出ていく例も多くなりました。
さらに、土地や家、墓を受け継ぐ意味や、意識が薄れてきた面もあります。

とはいえ、老夫婦ふたり、場合によっては一人暮らしかもしれません。
そんな中、息子夫婦に同居してもらったらどんなに楽か。

息子とその嫁に介護や同居を望む場合、うまくいくためにどんな事を意識したらいいでしょうか?

 film-strip-grunge_19-133997

親の介護は嫁か実子か?

決して妻であるお嫁さんも、夫の家族と手を切りたい、という事を望んでいるわけではありません。

ですが、離れて住み、夫の実家の家業も夫の弟が継いでいるのに、長男の嫁だから介護を、と言われる。

そんな、「親の介護に関して、実子か嫁かで一つの葛藤が見られる話」があります。

この話では、夫は昔ながらの価値観、妻の立場は今言われつつある『介護は実子の義務』という価値観もあって揺れています。
また、夫も楽だから古い価値観を選択しているようにも見えます。

少子化、核家族化している現在、娘しかいないという家庭もかなり多いでしょう。男性の跡継ぎが必ずいるとは限りません。
妻にとっての実の親の心配をするお嫁さんも少なくありません。

そのような夫と妻、その親たちの世代のそれぞれの価値観の違いは、家族の不和を呼びかねません。
お嫁さんがしてくれる事は家族だから当然だと言い切れない時代になっているのです。

 

お嫁さんと、そして家族みんなが苦労を共にするために

「苦労しない介護はない」と思います。
介護する側だけでなく、される側にも気遣いを始めとして、並々ならぬ苦労はあるでしょう。

別の人生で培った価値観の違いを超えて、苦労を共にする。
人をつないでくれるのはお互いの『感謝』と『思いやり』です。手と手

介護をうける親の立場からは、嫁の立場というものに対する意識との違いを知る事。
介護やその他の負担を息子にも負わせるよう意識すること。
ヘルパーや外の人の手を借りる事も考える事。

色々ありますが、何よりも、
お嫁さんのしてくれる事を当然と思わず感謝をすること
が一番です。

息子や嫁でもある、夫と妻の立場からは、「相手の仕事だから」と他人事にしないで手伝いあうのは大前提ですが、感謝やお互いの親を思う気持ちを尊重し大事にする事。

立場を変えて想像してみれば親が大事な気持ちはわかると思います。
配偶者や相手の親がしてくれた事を当然と思わず感謝する事で、見え方が変わってくる事もあります。
お互いが協力できなければ大変な介護を乗り切る事はできません。

介護の前の同居もそう。日々の感謝と心の交流が大事です。

お嫁さんがやってくれて当たり前だと思っていた事に、一度『ありがとう』って言ってみましょう。そうしたら何かが変わるかもしれませんよ。