家族以外に介護されるなんて、恥ずかしくて嫌という貴方へ

2015/06/14

他人に介護をされるのが恥ずかしい、下の世話や着替え。
ぼけた姿を見られたくない。
恥ずかしいから、絶対家族以外の介護は嫌!
お金もかかるし、家に入れたくない。

家族だけで幸せに、と願う高齢の方は多いかと思います。

そんな思いとは裏腹に、高齢化社会の昨今「そんな思いが家族を追いつめてしまう事」が頻繁にニュースでも聞かれるようになっています。

a1180_001215

何故、外の人に介護される事が嫌なのでしょうか?
その理由をご一緒に考えてみましょう。

 

病院で看護婦さんに看護してもらうのと比べてみましょう

病院で看護をしてもらう時、みなさんは恥ずかしいとしても、文句をつけたりしますか?
嫌だと言ったりしますか?

言わないですよね?

それは何故でしょうか?

それは看護婦さんが医療のプロであり、私たちにない知識を持ち、私たちにはできない事が出来るからです。
恥ずかしくても医療を受けている間は割り切りますよね?
お医者様や看護婦さんという存在への信頼の証でもあります。

a1180_012675

では、介護をしてくれる人、介護士さんやヘルパーさんたちへの気持ちはどうなのでしょうか?

介護士さんやヘルパーさんたちもプロなのです。私たちにない知識を持ち、私たちにはできない事が出来るのです。

いや、そんな事はない介護は家族でできるし、家族でするのが一番だ!と、おっしゃるかもしれません。家族で介護できる部分もあります。

ですが、素人では知らない技術や知識を介護士さんたちは持っていて、より介護を受ける側が、家でその人を介護する家族が、より楽で安全に暮らしやすくしてくれる力があるのです。

 

介護は家族がやるものという先入観を捨てましょう!

介護と看護で意識が大きく違うのは、高齢化が進み介護の必要が起こり、近年に大きく増えた仕事だからです。それまで介護が発生しても家族がやるのが当たり前でした。

ですから、家族以外の介護を頼むことは手抜きに感じたり、恥ずかしさだけで拒否してしまう。無意識で介護する人の仕事をプロのする事だと認めていないのです。

ですが、少子化と高齢化がすすみ、介護する側の負担は非常に大きすぎるものになり、子供世代の人生に色々重い影響を与えています。相談する相手もいない。働くことも家を空ける事もできない。家族だけの密室介護は追いつめられていく事が多いのです。
そして、家族だけでがんばって介護していても、している人が参ってしまえば、施設を検討して家を離れる事になります。

家にできるだけ長く最期までいたいと願うのであれば、介護のサポートを外の人に求める事は、より介護する家族と介護される家族が仲良く暮らしていけるために必須の事なのです。

介護されるのが恥ずかしいという気持ちは仕方ありません。
ですが、相手はプロです。介護をする事に対しては、割り切った感情を持っています。
介護のプロにお任せして、少しでもよりよく過ごすという風に割り切ってみませんか?

在宅の場合、それでも家族の負担が消える事はありません。ですが、より追いつめられず、息の長い介護ができる事になります。
外から来た人と顔を見て話す相手が増えるだけでも、家族だけの密室とは全く違う風を感じられます。

spring-flowers_385-19321284

より幸せに最期まで家族と家で過ごしたい、そんな気持ちと家族を支えてくれるのが介護士さんやヘルパーさんの存在なのです。恥ずかしがらずに出来る限り利用を検討してみてくださいね。