先祖のお墓はあるが、一人娘に負担は…

2015/07/16

変わるお墓さがし Case 1

「先祖のお墓はあるけど、一人娘に負担はかけたくない・・・」
中村美智子(都内在住・70代・既婚)

“私たちの世代でなんとかしよう”と決意

主人が長年にわたって勤め上げた会社を定年退職し、一人娘も結婚した後は、夫婦二人でのんびりと暮らしています。おかげさまで二人とも揃って健康ですが、私がちょっと太り気味なのもあって、近頃は足腰が悪くなってきました。年のせいか、少しでも体調を崩してしまうとこれからの老後生活について不安がよぎるものです。

最近では、いまある先祖代々からのお墓についても心配になってきました。
というのも、私たちの子供は一人娘、しかも既婚者。引き継ぐ人がいないのです。都内の霊園にお墓はあるので、同じく都内在住の娘に掃除やお参りくらいはお願いできるとは思いますが、孫の世代まで考えるとなかなか難しいかなと思っています。
このごろは“終活”という言葉をワイドショーで聞くようになり、お墓にもいろいろな種類が出てきたと知りました。そこで「元気なうちに、私たちの世代でなんとかしよう」と、私たちの希望に合ったお墓を探すことにしました。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-MOK_oketohisyaku-thumb-1000xauto-13583

“永代供養”に惹かれる

お墓選びで重視するのは、なにより“子孫に負担をかけないこと”です。そもそも先祖代々のお墓はあるのに新しいお墓を探すのですから、これだけは揺らいではいけないと思っています。そこで、子孫に代わって永代供養をしてくれる都内の納骨堂2件を見学することにしました。

納骨堂A

納骨堂Aは都内有数のオフィス街のなかにありました。といっても、大通りから少し入った先の小道にあり、比較的静かな雰囲気だったと思います。その土地で昔から由緒あるお寺さんが管理・運営されているそうです。
永代供養は33回忌までは毎年、命日に供養してくれ、それ以降は合祀で供養されるようです。ロッカー型の納骨堂には、夫婦揃って入れる2人用や、夫婦並んで入れる1人用など、種類もいくつかありました。
ここにするなら夫婦揃って入れる2人用かなと思いましたが、ロッカー型ということもあってちょっと冷たい雰囲気を感じてしまいました。建物や設備はとても綺麗で、掃除などの管理が不要なのには惹かれたのですが・・。

納骨堂B

こちらは都内の一等地ともいえる住宅街のなかにありました。
永代供養に関しては納骨堂Aと似たり寄ったりですが、こちらで驚いたのは“自動搬送式”というもの。個別ブースになっている参拝室には、真ん中が空洞になったお墓があり、お参り用のICカードをかざすと遺骨が入った箱が空洞のところに運ばれてくるんです。まるで自動販売機のように!!箱には名前が刻まれているので、あたかも自分のお墓にいるかのような錯覚に陥ります。いまの時代、こんなハイテクなお墓ができたのかと驚きました。
建物の外観もどこかお洒落なオフィスかと思うような、納骨堂とは思えない形をしていました。

 

自動搬送式納骨堂に決めた!

結局、私たちは納骨堂Bに決めました。お墓選びの最重要事項である“子孫に負担をかけないこと=永代供養”はどちらもクリアしていたので、最後は好みです。
納骨堂Aのほうが価格は安くすんだのですが、経済的には大したことはありませんが多少は余裕があるので、そこは気にしませんでした。
納骨堂Bの決め手は、夫婦揃って驚いた“自動搬送式”という最新設備のほか、娘夫婦の家からアクセスが良いところです。カードキー1枚あれば、夜遅くでもお参りができるとのことで、仕事や育児で忙しい娘夫婦も気軽にお参りができるかもしれないと思いました。また、掃除やお線香・お花の持参などが不要なところも、子供たち後世代に負担をかけないシステムをとことん追求しているようで惹かれました。 

※個人のプライバシー保護の為、人物名や施設の場所等、具体的事情は事実と異なる内容となっています。

 


 

「変わるお墓さがし」シリーズ:
時代とともに変化する社会事情。お墓や葬儀・お仏壇といった供養ごとについても従来の慣習には馴染みにくい事情を抱える方が増えてきました。
このシリーズでは、そういった状況の中で多様な選択をされた方々の実情に迫ります。「こんなやり方もあるのか!」という事例をお伝えすることで、ご本人やご家族が最適な選択をされる後押しをしたいと願っています。

この記事を書いたライター

まつい
まつい

これまで全国各地の石材店や納骨堂の取材をしてきました。
最近は「終活」という言葉をよく耳にするようになったものの、なにから始めればいいかよく分からない人も多いはず。そんな方々のお役に立てるように、終活にまつわる情報をお伝えしていきます。
終活を通じて、自分のこれまでの人生を見つめ直し、そしてこれからの人生に備えていきましょう。きっと自分にとっても家族にとっても、充実した幸せな暮らしにつながるはずです。