最近の葬儀場見学はお得!

2016/02/29

「葬儀場ってどんな感じかも分からないわねぇ。行くこともないし…」

という方にお薦めなのが「葬儀場見学」です。

人生、いつ何があるか分からないものです。

普段から、「葬儀はこれ位の予算で、こんな風にしよう」というのを決めておきましょう。

事前に決めておけば「亡くなった直後、右も左も分からず葬儀場の言われるままに不必要な大葬儀をして、費用がかさんでしまった…」というような失敗をせずに済みます。

ab51dc8a403ee8763c013e359bc8311c_s

 

生前準備への見方を変える

葬儀場によってはプラン内の祭壇などが選べる場合もあります。搬送用の車(霊柩車)も豪華さで数万円違うことも。本当は予め見学に行き、葬儀のパンフレットなどももらい、どのようにするかを決めておくと損をしません。 

まだまだ「生前準備は失礼!まだ生きてるのに!」という方が多いのも実情。しかし、規模や予算的に『満足のいく葬儀』は予め調べておかないと難しいです。

家族葬が良いのか?

家族葬でもどれくらいの規模か?

落ち着いた感じが良いのか?

花の多い綺麗な葬儀がよいのか? 

―葬儀をする際、決めることが沢山あります。ある程度でも考えおくと良いのですが、普段「葬儀」というものは生活からかけ離れているため「想像もつかない」という方が多数でしょう。

 そのため、最近の葬儀場は“親しみ”を持ってもらうために、お葬式とは関係のないイベントを開催し、気軽に立ち寄れるようにしています。 

こう言ったイベントを利用して、内部の様子や葬儀の内容などを聞いておくと安心です。

 

今時の葬儀場はイベント満載!? 

近年、葬儀場のイベントは本当に増えました。内容も多彩になり、子供連れでも楽しめるものも開催されています。

例えば「フラワーアレンジメント教室」一回数千円でアレンジメントが作れ、作った作品を持って帰れるところが好評のようです。中には、出店を出したり、くじ引きを行ったりして、ちょっとしたお祭りを催す葬儀場も。

遺影の撮影会もありますので、上手に活用すれば写真館に撮りに行かずに済みます。しかも、こういったイベントついでに葬儀場も見学もさせてもらえますので一石二鳥です。

準備さえしておけば慌てずにすみます。いざと言う時、自分だけでなく周りも慌てずに済むのは素晴らしいことです。「生前準備なんて、死に急ぐようで嫌だ」という考え方から、「素敵なライフエンディングにしたい!そのための準備だ」という気持ちに切り替えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたライター

宮崎鈴子
宮崎鈴子

終活についてお話すると「生前準備なんて!」と言う方もおられますが、いざという時に「部屋には見られなくない私物が沢山。自分の葬儀やお墓がどうなるか分からない…」という状態では安心して最期を迎えられません。

私達は「いつ死ぬか」を選べません。ほとんどの人が死に際も選べません。でも「老後をどのように生きるか?」は選べるのです。

記事を通して「後悔しないライフエンディング」の為に、お力になれたら幸いです。