墓守がいなくても、なんとかなる

2017/03/10

 

f98fd78231d56df5db9b8bf680ac8fbd_s

お墓には先祖代々の遺骨、そして歴史が込められています。

しかし、少子高齢化、人口減少に伴って、「墓守がいない」という問題に直面するケースも珍しくなくなったようです。

もし、墓守がいなくなってしまったらどうなるのでしょうか。

例えば、お墓の手入れをしてくれる人がいなくなるため、お墓の清掃ができなくなります。 お寺や霊園の管理者に維持費を払うことができなくなるということですので、お墓そのものを撤去しなければならない場合もあります。

また、お墓の継承者が長期間現れなかった場合、無縁墓とみなされ、遺骨はいわゆる「無縁仏」として処理されます。

こういったケースを踏まえると、自分の死後、墓守がいなくなることに、不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

また、自分自身が墓守であっても、遠方に住んでいたり、病気や仕事等の都合で、お墓参りが困難という方もいらっしゃるでしょう。だからといって、今すぐに血縁者を増やすことは大変難しいことですし、お墓参りのために金銭的・身体的に無理をしたりさせたりすることも気が引けます。

それでは、墓守がいなくなった場合、我々はどのように対処すればよいのでしょうか。

 

墓守がいなくなったら

墓守がいなくなった場合、現状では大きく二つの対処法があります。
墓守代行サービスの利用、そして墓じまいです。

・墓守代行サービスの利用

墓守代行サービスをご存知でしょうか。読んで字のごとく、墓守を代行するサービスのことです。 墓守がいなくなったとしても、お墓がなくなってしまうことはどこか寂しく、わびしい気持ちになるものです。

墓守代行サービスを利用すれば、お墓を残しておくことができます。また、お金さえ払えば定期的な清掃が行われるため、お墓を比較的良い状態に保ってもらえます。

現在、墓守代行サービスには様々な業者が参入しており、ほぼ全国どこでもサービスが受けられるようです。

ただし、サービスとはいえ、代行料がかかります。そのため、「血縁者はいるけれど、遠方に住んでいて墓参りに来られない」といった方におすすめのサービスです。
様々な業者の値段やサービス内容を見比べて、無理のない範囲で利用できるように、じっくりと検討することをおすすめします。

・墓じまい

お墓そのものを撤去してもよい、という方には、「墓じまい」という方法があります。 お寺や霊園などの管理者の許可を得て、墓石を解体し、遺骨を適切に処分するという方法です。

必要な手順は、以下の通りです。

・遺骨の行き先を決める
・祭祀継承者同士で意見をまとめる
・寺や霊園などの管理者に「墓じまい」の意思を伝える
・改葬許可申請書を提出し、改葬許可証をもらう
・墓を撤去する専門業者を決める
・遺骨を取り出し、メンテナンスする
・墓石を撤去する

やることが意外と多いように感じますが、焦らずに一つ一つ進めていきましょう。

墓じまいをするということは、遺骨をどこかへ移すことになります。まずは、遺骨をどこに移動させるかを考えましょう。

遺骨の行き先としては、

・永代供養
・公営墓地
・散骨
・納骨堂
・手元供養

などがあります。

「墓守がいなくなる」という理由で墓じまいをする場合は、できるだけ維持費のかからない方法を選ぶとよいでしょう。例えば、「永代供養」や「散骨」の場合、費用がかかるのは一回きりですので、墓守がいなくなる場合にはこれらの方法を選ぶといいのではないかと思います。

そして、遺骨を移すには行政の許可が必要です(自治体や供養の方法によっては必要ない場合もあります。各市町村の役場にお問い合わせください)。 ですので、現在のお墓がある自治体から「改葬許可証」を発行してもらうことを念頭に置いておきましょう。

他にも、墓石の解体や離檀料など、墓じまいにもそれなりの手間と費用がかかってしまうことは否めません。 ですが、維持費を払えずにお寺や霊園に迷惑をかけ続けることや、不本意に無縁墓に入れられてしまうことを避けたいという方にはおすすめです。

 

墓守がいなくても、なんとかなる

今後増加するであろう「墓守の不在」に直面したとき、できることについてご紹介させて頂きました。

永代供養といえば、遺骨を「ゆうパック」でお寺に送って供養してもらう、という方法が一時期話題になっていましたね。 時代に合わせた新たな供養の方法が、今後も続々と出てくるかもしれません。

いずれにせよ、「墓守がいなくても、なんとかなる」と考えることで、老後や死後に対する不安がなくなり、前向きに生きられるようになればいいと思います。

この記事を書いたライター

小山 晃弘
小山 晃弘

ブロガー、フリーライター。
セラヴィ」「リクナビNEXTジャーナル」「ASREAD」など、さまざまな商業Webメディアで活動中。
ライブドアブログ OF THE YEAR 2015受賞

公式サイト:人類応援ブログ