介護

人はひとりでは生きていけないものであり、誰かにかけた情けは巡り巡って自分に戻ってくるものです。

「自分はひとりで構わない」と思っている人でも、怪我をしたり、年を重ねて体に支障が出たりしたときには、どうしても誰かのお世話にならなければならないでしょう。

介護厚生労働省によると、要介護(要支援)と認定された人は、2012年度で約561万人。公的介護保険制度がスタートした2000年度から、右肩上がりに増えていっています。

一方、介護施設や医療施設、またその従事者は、決して充足しているとは言えません。

要介護度によっても異なりますが、介護施設への入居のみならず、在宅介護や訪問介護を含めて介護を取り巻く状況と施設の概況を知っておいたほうが良いでしょう。

 

介護保険制度の導入で金銭的な負担はかなり軽減されたと言えますが、手厚いサービスが受けられる施設はやはり高額です。必要経費として出せる金額と家族の希望の折り合うところを探していきましょう。


91件の関連記事がみつかりました