お墓・仏壇

海への散骨などが話題になり、お墓離れが進んでいるとも言われています。

ですが、形あるものに手をあわせたい、故人とつながれる場がほしいという願いそのものが消えたわけではありません。

故人や遺族が望む「亡くなった人とのつながり方」が多様化し、「亡くなった人はお墓へ」「仏壇に位牌を置いて手を合わせる」という従来の選択肢のみではなくなっただけなのです。

お墓・仏壇

 

従来のお墓の暗い雰囲気が嫌だという方のために、散歩がてら訪れることもできる庭園式霊園や、美しい草木の中で眠れる樹木葬など、お墓のかたちもバリエーション豊かになってきました。

亡くなった人をいつも身近に感じたいという方には、仏壇ではなく手元供養という方法もあります。


52件の関連記事がみつかりました