自治体・介護福祉法人・医療関係者の方々へ

急速な高齢化社会が進むにしたがって、自治体・行政、地域包括支援センター、介護施設、病院・医療、居宅サービス…それぞれの現場で多くの悩みや苦労を抱えていらっしゃることと思いますが、私たちもみなさまのために、少しでもお役にたちたいと思っています。

当社のお客様センターでは、葬儀やお墓、相続をはじめとして終活に関するご相談をワンストップ、無料で受付けており、第三者視点で適切な業者さんを選定してご紹介を行っています。

近年増え続けている承継者がいない方、お一人様のためのサポートも行っています。専用ホットライン開設、終活関連セミナー、いざという時に備えるための関連小冊子の配布なども承っています。終活関連のことなら、なんでもお気軽にお問い合せ下さい。

自治体・行政の方々へ

高齢化が浸透する中、高齢者から自治体さんへの問い合せ内容が多岐にわたってきていますが、行政の直接管轄領域でないご相談に関しては、立場上、一民間企業さんへ右から左に紹介することは躊躇われることもあるかと思います。

当社では終活関連領域において日本全国での対応を強みとしており、お客様目線に立った公正な立場を大切にしています。
お墓、相続、その他終活関連の相談はもとより、市区町村でのセミナー講師も承ります。

都市再生機構における「孤立死」の発生状況 東京23区内における一人暮らし65歳以上の自宅での死亡者数推移

資料を閲覧する(PDF形式)

介護福祉法人の方々へ

介護の現場では、『「終活(葬儀や相続・お墓など)」のことを持ち出すことは不謹慎である』と憚られる空気すらありましたが、時代とともに近年ではその傾向が大きく変化しています。

現在では、現場のケアマネジャーさんをはじめ介護業の従事者さんたちにとって、「終活」のことも知っておかなければならないことの一つになり、お客様に説明しなければならないシーンが増えてきています。

孤独死を身近な問題と捉えている方の割合

資料を閲覧する(PDF形式)

病院・医療関係者、看護士・ソーシャルワーカーの方々へ

大抵のケースで、病院には出入りの葬儀社さんがいらっしゃいますが、その業者さんをそのまま紹介しても良いものなのか逡巡した方はいらっしゃらないでしょうか。
当社では第三者の視点にたった上での終活相談ならびに信頼のおける葬儀社さんを迅速に紹介、手配いたします。

また、お墓や法要、葬儀後のアフターのことなども、ワンストップで手配いたしますので、悲しみの渦中のお客様にとってのわずらわしさや負担を軽減できます。
病院様との専用ホットライン開設、いざという時に備えるための関連小冊子の配布なども承ります。

亡くなった場所の構成割合の年次推移

資料を閲覧する(PDF形式)

お問い合せフォーム

*は必須項目です。

会社名
(全角)
ご担当者様名*
(全角)
都道府県*
市区町村*
(半角)
番地*
(半角)
建物名
(半角)

※番地・マンション名などの記載漏れにご注意ください。

お電話番号*
(半角)
メールアドレス*
(半角)
お問い合せ内容

黄金のおりん

財産・相続のこと、いざという時の葬儀・お墓のこと。
セラヴィの対面カウンターで
じっくりと相談してみませんか?

電話での予約はこちら

わたしたち鎌倉新書は
人と人とのつながりを感じる場面づくりのお手伝いをすることで
豊かな社会づくりに貢献します。