財産・相続

 遺言がなかったために親族間でもめごとが起きた、という話は珍しくありません。

子孫のために美田を買わず、などという格言もありますが、遺す方にとっても遺される方にとっても気がかりなのが相続の問題です。

財産・相続どんなに良好な関係を築いているように見えても、お金が絡んだとたん争いに発展してしまいかねないのが世の常。

生前信託や遺贈といった様々な手続きを知っておくこと、正式な遺言を書いておくことは、血縁者が円満に暮らしていくための道筋を示すためにも非常に大切なことではないでしょうか。

「うちに限って」と思わないことこそ、相続を円滑に進めるための最大のポイントです。

 

相続に加えて、残された人々にとって大きな問題となり得るのが、遺品整理です。

「思い出の詰まった品を見るのが辛くて整理ができない…」

寄付やリサイクルといった方法も含めて丁寧に相談に応じてくれる専門業者に依頼するのがお勧めです。


49件の関連記事がみつかりました