ケアマネージャー

高い社会的意義を持ち、安定した需要がある

ケアマネージャーとは、介護のサービス計画を作成したり、利用者とその家族の相談に乗ったりする介護支援専門員のこと。困っている人を助けたい、要介護者の自立に向けて知識を役立てたいという人にはやりがいが大きい仕事です。一方で、残業が多かったり、どこまで支援すべきかで迷ったりと、決して楽な仕事ではないのも現実です。介護は制度の変更が相次ぐ分野でもあり、常に新しい知識を習得し続けようとする意欲も求められます。それほど賃金が高くないという点も人手不足を招いている一因でしょう。しかし、自分らしく生きていこうとする人をお手伝いするという仕事は、高い社会的意義を持ち、多くの人に求められるものです。ケアマネージャーを志望し、資格を取る人が増え続けているという事実も、この仕事の存在意義を物語っています。