手元供養

自分だけの供養のかたち

「大切な人をいつまでも身近に感じたい」という想いをかなえてくれるのが手元供養です。昔ながらの供養の方法である仏壇やお墓に対し、新しい供養の形として注目されるようになりました。遺骨を入れて身近に置いておくペンダントや小さな容器のほか、遺骨そのものを加工して身に着けるタイプもあり、その形態はさまざま。経済的な理由でお墓を建てることができない、様々な事情でお墓まいりにいけないが何らかの形で故人に手を合わせたいといった幅広いニーズに対応し、故人と一時も離れたくないという遺族のグリーフケアにも役立っています。供養の方法も、時代と共に変化していくもの。固定観念にとらわれることなく、故人や自分にとって最適な方法を探していきたいですね。